Top > Column一覧 > Category:未分類

Category:未分類

18676443_1273830572729996_154103197_o「もやもやの午」 其の三『名古屋の女(ひと)』2

2017.04.02

 初めて降り立った名古屋駅は想像以上に大きく、多くの出入り口があった。そのうちのひとつ豊臣秀吉にちなんだ名前だと思われる太閤通口を探す。すこし遅れそう、というメッセージがスマートフォンの通知画面に出ている。こちらも、と短…

続きを読む

11topヘテロトピア通信 第11回

2016.08.17

<奉一切有為法躍供養也>text by 山内明美    宮城県の七ヶ浜あたりを起点として、岩手県宮古まで、まるでゴジラの歯のようにギザギザと複雑なリアス式海岸が連なっています。虫眼鏡を覗き込むように…

続きを読む

Exif_JPEG_PICTUREヘテロトピア通信 第9回

2016.05.02

<蚊帳を繕う>text by 中村和恵    複数の場所の記憶が重なり合う人生を、わたしたちは生きていく。移り住む人々、歩いてくる足、去っていく魂。こうしたこと、つまり動いていくこと、動きを記憶する…

続きを読む

—f‰î‚³‚ñ‚̃Rƒ‰ƒ€ŽÊ^ヘテロトピア通信 第8回

2016.03.17

<ファクチュアリズムと詩の氾濫>text by 田中庸介    あの震災からちょうど五年がたって、このほど米国の「Jung Journal – Culture & Psyche」誌のエディタ…

続きを読む

titleそれぞれの道具「道具と出合う、本の中へ」 9 ”花かんざし”

2016.01.30

花かんざし 「雑貨部は、広い土間にしてあって、その中に、硝子張りの陳列箱が並べてあった。 いろいろな土産物だの、花かんざしなどが、この陳列箱の中に並んでいるのが、美しかった。」 『中谷宇吉郎随筆集』樋口敬二 編 岩波文庫…

続きを読む

↑ページトップへ