Top > Event > 阿部海太 |絵本『みずのこどもたち』原画展

阿部海太 |絵本『みずのこどもたち』原画展

mizu-top2

【ご報告】
サニーでは3回目の展示となった阿部海太さんによる絵本原画展無事に終了致しました。
『みずのこどもたち』は昨年東京で全点の原画展を開催していたということもあり、スピンオフの冊子を一緒につくってそれも展示しようと昨年から進めてきました。
最初は線画でいこうと話していましたが、上がってきた絵は油彩でした。でもそんなことよりもそこに描かれている絵と、その先にある物語に息をのみました。それは透き通った、まるで水の中の出来事のように存在していたのです。

IMG-7086

IMG-7106

親本が力強いタッチと豊かな色彩、躍動感ある動きが印象的ですが、それとは対照的に白黒の油彩で描かれた静かで詩的な世界を綴じ込めた小さな冊子『All Seeing Eye』ができました。

IMG-7167 名称未設定 1

会期中にはミニトークイベントも開催し、少人数でのとても濃い時間となりました。
見る人のプライベートな時間のなかで自分の絵をみてもらいたいから絵本をこれからも作っていきたいと話す阿部さんの真っ直ぐな表情が印象的でした。また言葉の少なさによって引き立つ詩的な世界が魅力ですが、最近は「詩」に興味があるということで、これからの作風にも何か影響があるのかなーと想像して、今後が一層楽しみになりました。

IMG-7038

阿部さんが絵を担当した『はじまりが見える世界の神話』という絵本が4月末に刊行とのことで、原画展も近々あるそうです。そしてこの『みずのこどもたち』原画展も広島(READAN DEAT)、名古屋(ON READING)、長野(栞日本中川)、大阪(itohen)とまだまだ巡回が続くようです。
見逃したというかた、ぜひぜひ生で阿部さんの絵をご覧になってください◎

阿部海太 絵本『みずのこどもたち』原画展
2018年3月10日(土)-29日(木)

阿部海太の絵本『みずのこどもたち』(佼成出版社)の原画展を開催いたします。
絵本原画の展示に加え、初お披露目となる本作のスピンオフ本『All Seeing Eye』(SUNNY BOY BOOKS刊行)の発売と、その原画の展示販売も合わせて行います。
関連書籍お買い上げの方へ先着でのイラストプレゼントもありますのでこの機会にぜひお立ち寄りください。

●作家在店予定
3月10日(土)、11日(日)、24日(土)、25日(日)
いずれも13:00-17:00頃

*在店時は随時サイン入れをさせてただきます。

☆イベント開催決定!
クロージングトーク「絵描きにきく、絵のこと、絵本のこと」
3月25日(日)18:00〜 一時間程度

精力的に創作を続ける絵本描き阿部海太さんと絵のこと、絵本のことにサニー店主が迫ります。
一緒に作った『みずのこどもたち』スピンオフ本の創作秘話も◎
無料ですが、人数把握(定員8名程度)のためにご希望の方は
「info@sunnyboybooks.jp」の高橋までメールでご連絡ください。
絵を描いている方、絵本作りに興味のある方などご参加お待ちしています。

会場_SUNNY BOY BOOKS
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-14-15
(東急東横線・学芸大学駅東口徒歩約5分)
営業日:12:00-21:00
期間中のおやすみ:3月16日(金)、23日(金)
お問い合わせ_info@sunnyboybooks.jp

285925

『みずのこどもたち』(佼成出版社) 1,944円(税込)
朝目覚めて飲む水が、身体をめぐり自分を、世界を作っていく。
壮大な絵の中に、私たち生き物すべての記憶が隠れています。

【プロフィール】
阿部 海太|あべ かいた
1986年埼玉生まれ。絵描き、絵本描き。
本のインディペンデント・レーベル「Kite」所属。
2016年、Kite刊行の絵本『みち』がリトルモアより新装改訂版として出版。続く『みずのこどもたち』が描き下ろし第1作目となる。
その他の著書に『めざめる』(あかね書房)。
www.kaita-abe.com

↑ページトップへ