Top > Event > 岡村淳監督ライブ上映会「京 サンパウロ / 移民画家トミエ・オオタケ 八十路の華」 &「坐る9条 THE MOVIE」(2本立て)

岡村淳監督ライブ上映会「京 サンパウロ / 移民画家トミエ・オオタケ 八十路の華」 &「坐る9条 THE MOVIE」(2本立て)

junsan2

【ご報告】
岡村淳監督を迎えてのサニーボーイシネマ無事終了しました。
満員御礼、飛び入り多数の好評ぶりでした。お越し頂いたみなさまありがとうございました。

今回はお盆まっただ中&終戦記念日前日ということを踏まえての2本立て上映でした。
今年の2月に亡くなられた日本人画家・大竹富江さんの“記憶”と日本国憲法第九条への“想い”を
“再生”させた1時間半ーー思考の種がまかれた濃密な時間でした。
以下上映後のアンケートから一部抜粋です。

“今夏のお盆は忘れがたきお盆となりそうです!”
“勇気をいただけました、知れてよかった、観れてよかったです”(特にトミエさんの作品)
“地に足のつく感じで9条について考えました”
“言葉ではなく映像の力で胸を打たれるものがあった”
“自分が知らないことがたくさんで見応えがありました”
“「降霊会」という巡礼の旅。その生き様こそが映像をより一層美しくしていると痛感しました”

ライブ上映会ということで作品の合間に監督のミニトークもあり、2つの作品の裏話もたっぷり聞けました。
そこには映画をみて感じたこととはまた違う事実があり、心揺さぶられました。

それではまたサニーボーイシネマでお会いしましょう。

IMG_7132 IMG_7139

 

 

 

 

 

 

岡村淳監督ライブ上映会
「京 サンパウロ / 移民画家トミエ・オオタケ 八十路の華」 &「坐る9条 THE MOVIE」

今年4月に当店で開催され、好評だった記録映像作家・岡村淳監督のライブ上映会の第2弾。

今回は2本立てです。合間に休憩を挟みながら監督自ら作品への思いや解説をして頂く予定です。
小さな本屋での上映会ゆえ、少人数での会になりますがみなさんと楽しい時間をご一緒できればと思っています。
“SUNNY BOY CINEMA”にぜひごおこし下さい。(ご予約はinfo@sunnyboybooks.jpまで)

【上映作品】
『京 サンパウロ / 移民画家トミエ・大竹 八十路の華』
(製作:2013年 / 撮影:2000年ー2001年 / 51分)……
「ブラジルで最も愛された日本人画家・大竹富江さんの生誕100年を記念し、岡村監督からトミエ先生に捧げられた作品。トミエ先生、87歳の時の活動と作家の原点である京都の映像とが交錯します。」

『坐る9条 THE MOVIE』
(撮影・製作:2015年 / 29分)……
「2015年1月17日、東京都美術館で開催されていた九条美術展の最終日に行われたパフォーマンスを収めた作品。紙芝居あり、演劇あり、歌ありのパフォーマンスから日本国憲法第九条への熱い想いを伝えます。」

<前回のライブ上映会の模様はこちらから。>

+++++

上映日時:2015年8月14日(金)20:30~(1時間半程度)
*開場は10分前からになります
。
*この日のお店の営業は19時までになります。
*岡村監督もいらっしゃいます

会場:SUNNY BOY BOOKS
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-14-15
(東急東横線・学芸大学駅東口徒歩約5分)
定員:8名程度*定員に達しました。ありがとうございます。
入場料:無料(カンパ制)
ご予約&お問い合わせ:info@sunnyboybooks.jp

+++++

【プロフィール】
岡村淳(おかむら・じゅん)
TOMIE&OKAMURAphoto記録映像作家。1958年東京生まれ。
早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。
考古学を学んだ後、1982年日本映像記録センター入社。
「すばらしい世界旅行」「知られざる世界」の番組ディレクターを担当し、おもに中南米を取材。
1987年、フリーランスとなりブラジルに移住。1997年から自主制作のドキュメンタリー作りを始める。
ブラジルの日本人移民、そして社会・環境問題をテーマとした映像作品の制作を継続中。
近年の作品に「あもーる あもれいら」(全3部)「サルヴァドールの水彩画」「リオ フクシマ」など。
「ひとりでもご覧になりたい方がいればおうかがいする」という方針で、
これまで日本、ブラジル、台湾、アメリカ、オランダなどでライブ上映会を実施。
公式ウェブサイト「岡村淳のオフレコ日記」

↑ページトップへ