Top > Event > 阿部 海太 個展 「フロム・ファースト・センテンス」

阿部 海太 個展 「フロム・ファースト・センテンス」

top

【ご報告】
小説の書き出しだけを読んで描かれた絵たち「フロム・ファースト・センテンス」シリーズの原画展無事に終了致しました。
ご来店いただいたみなさま、気にしてくださったみなさまありがとうございました。

1年半前に私家版だった『みち』の原画展をやらせていただいて以来の2回目の展示でした。
阿部さんと一緒に企画した完全オリジナルでの展示でしたが、前回よりも足を運んでくれる方が多く、作品を購入してくださる方もいて、阿部さんが確かに前に進んでいるのだなと実感しました。(同じ世代として負けられない!といつも刺激をもらっています。)

期間中の週末は神戸から阿部さんも駆けつけてくれて、いろいろお話もできたのが店主としては嬉しかったです。
阿部さんはひょろっとした佇まいだけれど、自分の絵(表現)に対して正面から突進していく強い気持ちをもった方です。自分の歩みに妥協しないということは本当に難しいことだと思いますが、飄々とただ前を向いている印象をいつもうけます。
来年には新作絵本の刊行も予定されているそうで、阿部さんが進んでいく道にますます注目です。

今回の展示でできた絵とセンテンスをまとめたカードセットを制作中です。
こちらもどうぞご期待ください。

【展示風景】

161003_kaita_e-008

161003_kaita_e-014

161003_kaita_e-016

161003_kaita_e-018

161003_kaita_e-011

161003_kaita_e-017

写真/加納千尋

阿部 海太 個展 「フロム・ファースト・センテンス」
2016年9月17日(土)-10月5日(水)

ファーストセンテンス /

「八月二十六日
小道は断崖に沿って走っていた。道の縁にはカラミーヌが花を咲かせ、そしていくぶんしぼんだブルイユーズの黒くなった花びらが地面に散らばっていた。」

ffs_rgb_web

「本の書き出しとはまるで顔のようなものかもしれない。
カバーに描かれた挿画は顔ではない。挿画はたぶん服のようなもの。
ちょっと離れたところから見て、派手だなとか、洒落てるなとか。
書き出しの1行、あるいは1段を読んで初めて読者はその本がどんな顔をしているのか伺う……
この先、この顔はどんな表情を見せ、その口は何を語り出すのだろう。」
_『フロム・ファースト・センテンス』issue0 より

///

本展は、サニーボーイブックスのホームページにて連載中のコラム
「フロム・ファースト・センテンス」の原画展です。
サニー店主が選んだ本の「書き出し」だけを読み、絵を描きました。
連載作品に加え、書き下ろしの作品も多数展示販売致します。
またコラムでは伏せられていた「書き出し」の引用元の本も合わせて展示致します。

会場_SUNNY BOY BOOKS

〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-14-15

(東急東横線・学芸大学駅東口徒歩約5分)

平日 13:00-22:00 / 土日祝 12:00-21:00

定休日:金曜日

お問い合わせ_info@sunnyboybooks.jp

【プロフィール】

阿部 海太(あべ・かいた)
1986年生まれ。絵描き、絵本描き。
本のインディペンデント・レーベル「Kite」所属。
リトルモアより絵本『みち』(新装改訂版)発売中。
www.kaita-abe.com

↑ページトップへ