Top > Event > エヒラナナエ、大沢かずみ、カナイフユキ、田辺俊輔|『映画みたいなことしない?』(雷鳥社)刊行記念展

エヒラナナエ、大沢かずみ、カナイフユキ、田辺俊輔|『映画みたいなことしない?』(雷鳥社)刊行記念展

660×275_01

*新型コロナウイルス感染症の対策として
店舗及びオンラインショップと平行して展開していきます。
sunnyboybooks.net

*新型コロナウイルス感染症の感染状況によってお店の営業スタイルに変更がある場合がございます。
その際はこちらのページとSNSでお知らせさせていただきます。
ご来店の際のお願いごとなどはこちら

エヒラナナエ、大沢かずみ、カナイフユキ、田辺俊輔
『映画みたいなことしない?』(雷鳥社)刊行記念展
2020年11月21日(土)ー12月3日(木)

*最終日は18時まで

恋人や友だちといっしょに真似したくなるようなワンシーンをあつめた、ちょっと変わった映画案内『映画みたいなことしない?』(雷鳥社)が12月4日に発売となります。
その刊行を記念して、本の先行販売と著者である若手イラストレーター4人が描いた映画シーンのイラスト原画の一部と、描き下ろし作品の展示販売を行ないます。
さらに会期中限定で、本をご購入頂いた方には表紙絵に使われたリソグラフ作品のポスターを先着で差し上げます。
(オンラインをご利用の方はブックカバーにしてお届けします。)

日常が映画みたいになる、ちょっと特別な一冊をぜひ。

こんな映画のこんなシーン
『女は女である』-本の題名(タイトル)を使って会話する。
『恋愛睡眠のすすめ』-空想の世界を撮影するために、セロファンを使って川や船を作る。
『ドアをノックするのは誰?』-好きなものについて一方的に相手に語る。
『(ハル)』-インターネットでやりとりする男女の、新幹線車窓越しの出会い。
『ヴァージン・スーサイズ』/『17歳のカルテ』-日記を書くことで救われる。
『マルメロの陽光』-毎年、同じ季節にマルメロの木を描きつづける。
『メルシー・ラ・ヴィ』-ウエディングドレス姿で逃亡。
『さらば冬のかもめ』-冬の公園でバーベキュー。
『青春群像』-友だちたちと海辺でだらだらする。など全50作

【プロフィール】
◯エヒラナナエ  / Nanae Ehira
イラストレーター、刺繍作家。
日常をテーマに創作を行なう。
instagram

◯大沢かずみ / Kazumi Osawa
神奈川県出身、世田谷区在住。イラストレーター。
好きなものは。映画はもちろん散歩や植物の世話も。
インテリアグリーン専門店のショップアシスタントもしています。
好きな言葉は「おふとん」。MJイラストレーション10期OG。
http://kazkai.com/

◯カナイフユキ / Fuyuki Kanai
イラストレーター、コミック作家として活動しつつ、エッセイなどのテキスト作品や、それらをまとめたジン(zine,個人出版物)の創作を行う。『ヒロインズ』(C.I.P.Books)のインパクトある装画でも話題を呼ぶ。作品集『LONG WAY HOME』(SUNNY BOY BOOKS)発売中。
http://fuyukikanai.tumblr.com/

◯田辺俊輔 / Shunsuke Tanabe
イラストレーター。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業、HB塾修了。
賞歴「ザ・チョイス/入選」「装画コンペ/入賞」ほか。書籍や雑誌の装画・挿絵を中心に活動中。
https://shun-tanabe.tumblr.com/

会場_SUNNY BOY BOOKS
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-14-15
(東急東横線・学芸大学駅東口徒歩約5分)
お問い合わせ_info@sunnyboybooks.jp

cinema.cover

 

『映画みたいなことしない?』(雷鳥社)
本体1800円+税 / B6判(H182×W128)/
コデックス装/128ページ/オールカラー /
コラム:九龍ジョー、月永理絵

↑ページトップへ