Top > Column一覧 > それぞれの道具 「道具と出合う、本の中へ」 1

それぞれの道具 「道具と出合う、本の中へ」 1

2014.10.23

中澤 季絵

中澤季絵(なかざわ・きえ)イラストレーター/絵描き  絵で暮らしをいろどる楽しさを軸に幅広く活動中。理科系出身、生き物がとてもすきです。脇役蒐集人。このページでは、本の中の道具を描き連載中。 www.kienoe.com

●SBB_column_title

はじめての方、はじめまして。
お久しぶりの方、お元気でしたか?

わたしは、絵を描くことを仕事にしています。

美しいもののかたちをみること、
そこに秘められた物語を知ることがとてもすきで、
2013年にはSUNNY BOY BOOKSで
さまざまな職業の方の道具をテーマにした展示
「それぞれの道具」展を開催しました。

それ以来、出会った方の大切な道具について
お話をうかがいながら、絵にすることを続けています。

「本の中の道具を描いてみたら」
そんな話になったのは、いつだったかな。

ここは本の店で、本棚には数えきれないほどの
世界があるから、思い切って扉を開けてみるのは
いいかもしれない。SUNNY BOYくんに道案内を頼んで。

物語に出てくる道具をひとつずつ、
そうっと掬って描いていこうと思います。

その温度や手触り、まとった空気まで
文字から得た感覚に正直に、
なるべくこぼさないように、丁寧に。

これからどんな
出合いがあるのかな。

1冊目の表紙を開きます。

 

hp_SBB_c_1_honn

↑ページトップへ