Top > 第4回鉄犬ヘテロトピア文学賞発表

第4回鉄犬ヘテロトピア文学賞発表

tekkenn4-top660x275

【第4回受賞作】
◎崎山多美『うんじゅが、ナサキ』(花書院)
◎仲野麻紀『旅する音楽 サックス奏者と音の経験』(せりか書房)

IMG_7115

10月6日、明治大学中野キャンパスにおいて第4回鉄犬ヘテロトピア文学賞の選考会が開かれました。様々な角度から議論した結果、前回に引き続き今回も、2作同時受賞となりました。崎山多美さんの『うんじゅが、ナサキ』と、仲野麻紀さんの『旅する音楽 サックス奏者と音の経験』です。

崎山さんの『うんじゅが、ナサキ』は、沖縄言葉を中心に据えた、言語的冒険に富んだ作品です。あるときだれかから送られてきたファイルの記録に導かれ、主人公は訪れる先々で不思議な人々に出会います。現実と非現実の境界がゆらぐ物語から、たとえ忘れられても消えることのない、沖縄が内に抱えた傷跡が浮かび上がってきます。
仲野さんの『旅する音楽 サックス奏者と音の経験』は、演奏活動の紀行文でありながら、西洋の音楽理論ではとらえきれない音楽の存在について、また他者とのかかわり方などについて深く考察する思索の書でもあります。文化の異なる他者との間には、ときにわかりあえない断絶/絶望があることを認め、ありのままを肯定する態度に目を開かされます。

2020年までの折り返しともなる、今回の鉄犬ヘテロトピア文学賞。崎山さんは沖縄で、仲野さんはフランスを拠点に活動されています。授賞をきっかけにつながることで、なんらかの励みになるのであれば、それは選考委員にとっても大きな喜びとなります。今回の2作もまた、ひとつの価値観ではとらえきれない、世界のナマの姿を伝えてくれます。

鉄犬ヘテロトピア文学賞事務局

第4回選考委員(五十音順、敬称略):
井鯉こま、温又柔、木村友祐、姜信子、管啓次郎、田中庸介、中村和恵

第一回受賞作と選評はこちら
第二回受賞作と選評はこちら
第三回受賞作と選評はこちら

鉄犬ヘテロトピア文学賞とは…

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【受賞の言葉】

受賞の言葉/崎山多美

陽の当たる場所がきらいだった。ある時期、明るい場所がきらいな本当の理由は、書き始めたせいだと気づいた。「日本語」で書いているのに「日本語」にならない「私」のコトバは、予め奪われていたことに。私の中の半端な「土着語」が公の「日本語」に反抗を企て始めた。それは、沖縄の歴史の底に追いやられた死者たちの言葉を引き受けることだ、という、気負いのような覚悟のようなものに後押しされた。もそもそと書き続け30余年になる。思いがけなく、明るい場所から声を掛けられ、目をぱちくり、おろおろしている。こんなヘンな小説を選んでくださった選者の方々に感謝。

*  *  *  *  *  *

受賞の言葉/仲野麻紀

賞をいただいた今、日本でのコンサートツアーの真っ只中です。ギリシャ人歌手、シベル・カストリアディス、フランスからはピアノのステファン・ツァピス、ウードのヤン・ピタール。彼らと共に、”ヘテロトピア”という、ギリシャ語を起源に、語彙の形成から思想へといたるこの言葉を、沖縄公演で訪れたこの地、目の前に広がる海をみながら読み解いています。
そして今ここ沖縄で起こっていることも…
ブルターニュ、パリ19区、レバノン南部、レマン湖の空が白む明けの5時。時計を見ては7時間あるいは8時間を足し日本時間を数え、自分が生きる地とは異なる地で生きる人々、だあれもいない山々で息するものたちのことを考えながら文章を綴った日々を思い出しました。もちろん、原稿を心待ちにする編集者の心情が一番気になってはいたのですが…
移動をしながら演奏をする「旅する音楽」では色々なハプニングがつきもので、例えばカンボジアの小学校での演奏の後の犬事件により、メンバーと離れ離れになったウード奏者は、一人経由地クアラルンプール空港で薬をもとめさまよい歩き、演奏日当日のサウンドチェック時間直前に成田空港に着いたその姿はまさしく鉄を纏った犬の如く。
東京公演ではこのウード奏者、ホテルに戻るのはいつも朝8時頃。どうやら新宿2丁目、あるいはゴールデン街をはしごし、夜の街、朝を迎える街のフィールドワークに勤しんでいる。「自分が知っている言語、人々の中だけで生きるなんて考えられない。耳慣れない言語、空間の中にいることに、生きる実感を覚えるよ。」メンバーがホテルのチェックアウトを始める頃、移動の車内で寝る彼の姿は、街を徘徊しつくした犬が、公園の草叢で一時の休息をするが如く。
今、頭の中には、鉄犬ヘテロトピアに想いを馳せる旋律、あるいは音の連なりが、鳴り響いています。
この賞の選考委員の皆様をcamarade、同志と呼んでいいならば、いつか同志の前で祝音を捧げたいです。
この賞の存在はまた、演奏する犬々と共にヘテロな世界を旅することでしょう。
心よりお礼申し上げます。

※選評は、追って掲載いたします。

↑ページトップへ