Top > Column一覧 > 西千葉の古本市「BOOKNOT」に参加してきました。

西千葉の古本市「BOOKNOT」に参加してきました。

2012.03.05

sunny

SUNNY BOY BOOKS 店主の日々雑記。

booknot2

BOOKNOT(blog:BOOKNOT)は、本(BOOK)を通して人と人を結び目(KNOT)のように
つなげたいという西千葉のブックマーケット。

今回はTRESURE RIVER BOOK CAFE(HP:TRESURE RIVER BOOK CAFE)さんにご紹介いただいて参加してきました。

出店されているお店は古本屋さん、珈琲屋さん、カメラ屋さんなどたくさんありました。
そのほか、千葉大の建築学科の方々で結成された”ku-nel”(空間を練る練る練る)が
フライヤーや古本市の空間デザインをしていたりと人と街が上手く絡み合っているのが伝わってきました。
すごく良い雰囲気です。

魅力的なブースのご紹介

会場のふくろう市場

たくさんの方が見に来ていました。

SUNNY BOY BOOKSのブース

今回は写真集メインです。重かったー

西千葉にある古本屋さん「MOONLIGHT BOOKSTORE」さんのブース

「酩酊新聞」を作ったり、EGGSという地域コミュニケーションツールに関わったりと、なんだかすごい人という雰囲気。

(HP:MOONLIGHT BOOKSTORE)

韓国のイラストレーターune.etoffeさんのブース

日本の友だちに会いに来た勢いで出店。
ドイツ語で書かれた「スイミングに行きます。」というデザイントートが可愛かったです。

(HP:une.etoffe

面白い人が集まる西千葉の喫酒店「呼吸」さんのブース

みんなが呼吸さんで買っていた、少し変わったジンジャエールが気になりました。

(blog:呼吸

 数多くの古本市に出られているRAINBOW BOOKSさんのブース

人との交わりや売れる本の地域差を感じられる「古本市」の楽しさにどっぷりはまっているとのことでした。

昨年市川にオープンしたばかりという即興堂さんのブース

アート系と読み物がしっかり。話題のピナ・バウシュの本もありました。お店が気になります。

(HP:即興堂

おわりに

紹介しきれていませんが、他にもたくさんの方が参加していました。4月、5月開催の次回が今から楽しみです。

↑ページトップへ