Top > Column一覧 > ponto

Writer:ponto

ponto

ponto…2014年3月、小説家・温又柔と音楽家・小島ケイタニーラブが、朗読×演奏によるパフォーマンスをはじめ言葉と音を交し合いながら共同制作するために結成したユニット。同年9月、構成・音響・演奏をとおして2人の活動を支える伊藤豊も雑談家として加入。 SBBで行われている温又柔と小島ケイタニーラブの創作イベント「mapo de ponto」でできた作品をこちらのページで公開中。

IMG_7065「日記」「わかってる」

2015.10.01

【「SONG LINE-kanto linio-」を受け取ったあとの小説家から音楽家への手紙】 のっけから興奮がおさえきれません。 感動しました。 あなたの声による、声のみの、コトバのうねりが。 あなたにしか出せない声が…

続きを読む

IMG_7066「機械」「戒厳令」

2015.09.01

【音楽家から小説家への手紙】 お手紙ありがとうございます。 この前の手紙、僕はややずるい返事をしてしまったかもしれません。 僕は手紙への返答として、言葉を捨て、声だけで返事をしたのでした。 そう、歌はやっぱり自由なのでし…

続きを読む

IMG_7064「ここからだして」「SONG LINE」

2015.08.08

【小説家から音楽家への手紙――mapo de ponto 第3部開始に寄せて】 ことばをもちいて生きていることがときおり窮屈に思えることがあります。 記憶する限りの文字という文字をすべて忘れたくなることがあります。 そう…

続きを読む

IMG_6207「ガラスの水時計」「さよならは内緒でね」

2015.03.30

_ガラスの水時計(小島ケイタニーラブ) パリのシャンゼリゼ 足元を照らす ガラスの水時計 ポチャンと 秋のアルファベットが色どる夜に 二人の影は 振り子みたいです 二つの心は へのへのもへじ ぐるっとふくらんで 一つにな…

続きを読む

ponto-eda「君の名前」

2015.02.21

SUNNY BOY BOOKSで行われている創作室・mapo de pontoは小さな本屋を飛び越えて、 神奈川県立荏田高校の国語の特別授業として高校生と一緒に創作を行いました。 (2015年2月2日-6日) 誰もがもっ…

続きを読む

↑ページトップへ