Top > Column一覧 > ヘテロトピア 通信

Writer:ヘテロトピア 通信

ヘテロトピア 通信

2014年からはじまった「鉄犬ヘテロトピア文学賞」の情報発信ページ。選考委員ら(井鯉こま、石田千、小野正嗣、温又柔、木村友祐、姜信子、下道基行、管啓次郎、高山明、田中庸介、中村和恵、林立騎、山内明美、横山悠太)によるコラム “ヘテロトピア通信” も更新中。 (題字/鉄犬イラスト:木村勝一)


鉄犬ヘテロトピア文学賞についてはこちら

第2回鉄犬ヘテロトピア文学賞受賞作と選評

第3回鉄犬ヘテロトピア文学賞発表

ヘテロトピアー19ヘテロトピア通信 第19回

2017.06.11

<香港、家政婦の乱>Text by 下道基行  大学生だった90年後半頃、ウォン・カーワイの映画や写真集「九龍城」の中に見た香港は、様々な人々が行きかう混沌とした熱気と危険な香りがごちゃ混ぜになった無秩序な美しさだっただ…

続きを読む

dancing Nami in japanese tea haouseヘテロトピア通信 第18回

2017.04.13

<ナミイをよろしく>Text by 姜信子  春です、サクラチルチル満開の枝垂れ桜の下に入れば、それはまるで白く揺らめく大きな傘のようで、むかしむかし鎌倉室町戦国安土桃山の遠いむかしに、大きな傘の下には異界が広がるとばか…

続きを読む

IMG_9909ヘテロトピア通信 第17回

2017.03.18

<私の特権>Text by 温又柔(おんゆうじゅう)   「私がこれまでしなければならなかったことのうち、最もたいへんだったことのひとつが、自分の特権を受け入れ認めることだった」(ロクサーヌ・ゲイ)  そろそろ…

続きを読む

木村コラム・トップ写真ヘテロトピア通信 第16回

2017.02.09

<何にも使われない時間に包まれて>Text by 木村友祐  はじめて多摩川の河川敷を訪れたのは、一昨年の初夏だったと思う。「はじめて」と言っても、いつだったか思いだせないほど昔に花火大会や散歩などで行ったこ…

続きを読む

16117338_10208133980174292_799602240_nヘテロトピア通信 第15回

2017.01.17

<緑の墓標>Text by 松田美緒  世の中にあるいろいろな歌の有り様に、ひとつでも多く出会いたい。  そう思ったのは、南の島パラオでした。去年8月に私の歌探しのドキュメンタリー番組撮影のために行った時のこ…

続きを読む

↑ページトップへ