Top > Column一覧 > フロム・ファースト・センテンス issue0

フロム・ファースト・センテンス issue0

2015.12.14

阿部 海太

阿部海太 / 絵描き、絵本描き。 1986年生まれ。 本のインディペンデント・レーベル「Kite」所属。 SUNNY BOY BOOKSにて絵本「みち」を販売中。 本の書き出しだけを読み、そこから見える景色を描く「フロム・ファースト・センテンス」を連載中。 kaita-abe.com / kitebooks.info

ffs-issue0-header3

本の書き出しとはまるで顔のようなものかもしれない。
カバーに描かれた挿画は顔ではない。挿画はたぶん服のようなもの。
ちょっと離れたところから見て、派手だなとか、洒落てるなとか。
書き出しの1行、あるいは1段を読んで初めて読者はその本がどんな顔をしているのか伺う。
でも、その顔にはっきりとした印象や感情を見て取ることは難しい。
いきなり知らない人に向かって相好を崩したり、泣きついたりしないのは本とて同じ。
しかし一見捉えどころの無いその顔には、僅かなニュアンスと淡い予兆が見え隠れしている。

この先、この顔はどんな表情を見せ、その口は何を語り出すのだろう。

コラム「フロム・ファースト・センテンス」では、
店主に選んでいただいたある本の「書き出し」をもとに絵を描きます。
僕はそれが何の本かは全く知らないで、「書き出し」だけを読みます。
その本に何が書かれているかを予想するゲームではなく、
だだ本の顔だけをじっと見て、その目に映っている景色を描いてみようと思います。

↑ページトップへ