Top > Column一覧 > 集まった寄附金を募金してきました。

集まった寄附金を募金してきました。

2012.02.14

sunny

SUNNY BOY BOOKS 店主の日々雑記。

エプロン

東日本大震災からまもなく一年が経とうとしています。

そんな中、当時の緊迫感は薄れてきている、内心誰もがそんなことを感じていると思います。
普段の生活の中で少しでもできることがあるはずだと、そう考えても社会のリズムは変わることなく進み続けていきます。現実に身を任せているなんだか頼りない自分と、でもそれはしょうがないことだと認める自分もいて結局まだ何も整理がついていないんだなということしかわからないで一年が経とうとしています。(自分はそうです)

友人と震災の話をすると、「忘れない」ことが何より大事で、視線を向け続けることが一つの支援だよという話によくなります。でも「忘れない」という言葉だけが空回りしないように、しっかり現地と接してみたい――そう思っているところに巡り合わせで昨年の年末から石巻へ足を運ぶこと数回となりました。

そこでボランティア活動をする方や仮設住宅から離れもう一度生活を取り戻そうとされる方がたに出会い、一歩ずつ確実に生きていく力を逆に与えられました。着実に生気を取り戻しつつある、一部しか見えていないかもしれませんが、そんなことを感じました。

そんな現地の活動をネットでもわかりやすく伝えてくれている「ふんばろう東日本支援プロジェクト」に今回はSUNNY BOY BOOKSのポエトリーバッグの売り上げの2割と、HEIMAT CAFEに常設している募金BOX(募金といってもお金の募金ではなく、決められた箱に入った本の売り上げを寄附金にまわしています。)の売り上げを寄付させていただきました。

こちらのサイト、ふんばろうさんが企画しているプロジェクトの中から自分が支援したいものを選んで寄付することができます。(ぜひチェックしてください。→ 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」 )

今回は“学習支援プロジェクト”と“エンターテインメントプロジェクト”の2つに計12250円を寄付させていただきました。心許ない金額ではありますが、自分の生活を営み、今を更新しながらできることを続けていきたいと思っています。

大変簡単でありますが、ご報告させていただきます。

↑ページトップへ